大学受験は、東大か旧帝医、それか国立医(在籍または卒)あたりの方を軍師として一人捕まえるのがおすすめです。

理由は、ほとんどの科目の特性を把握しており、総合的な戦略を立てるのに長けているからです。

そして、その軍師が得意な科目は直接指導をしてもらいつつ、総合的な戦略や科目間の得点バランスを考えてもらうといいでしょう。

受験は総合力だからです。

そして、その軍師が苦手な科目は、他のプロの人気講師に教えてもらうというのが一番おすすめです。

なぜかというと、難関大学に受かっても全ての科目を教えられるわけではなく、やはりその道のプロのほうが効率的&効果的な学習法を知っています。

しかし、受験は総合的な学力と戦略もとても大切なので、その点は実際に本当に難関大に合格した人(=軍師)に舵を取ってもらうほうが効率的だと言えます。

単価ですが、東大生は人によりますが、例えば、地方旧帝医の方、もしくは地方国立医の方であれば、1時間に5,000-6,000円払えば雇うことは可能です。人によっては1時間3,000円という方もいます。

1人評判のいい方を捕まえて、戦略を練ってもらいましょう。

ここまでは割とシンプルかつ頭脳&課金ゲームです。

正直、そのお金を払える家庭と、そうじゃない家庭では大きな差が付きます。

私は貧乏だったので、こういうことにお金を使う家庭もあるのか・・・と驚いていますが、事実です。

あとは生徒さんの能力と努力の掛け算で合格確率が変化します。

やる気のない学生にお金をつぎ込んでも成績は伸びませんが、やる気のある学生であれば、才能が開花する可能性はあります。

社会でも同様で、優秀な上司のもとで学ぶと、部下も伸びます。

大学受験も全く同じです。

注意点として、理数しかできない人は存在します。また、性格が強すぎる方も中にはいます。

性格的にも成績的にもバランスのいい人を見つけられると、強いと思います。

 

では、今日も頑張って行きましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事