名古屋英語専門

(旧 JP英語塾)

塾長 野村勇介

大学入試・医学部受験
高校入試・4技能対策
小・中学生英語
New Treasure対策

英検・TOEFL
社会人の英語やり直し

とうとうたどり着かれましたね

このウェブサイトを見ている方、あなたは大学受験英語または医学部受験でお困りですね・・・!

こんな場末の英語塾のウェブサイトを見ているということは、相当切羽詰まっているか、英語を早めに始めたいか、どちらかではないでしょうか。

そして、

 

正解です。

 

ようこそお越しくださいました。せっかくお越しいただいたので、ぜひ最後までお読みください。

成績が伸び悩む人には何が足りないのか?

途中のは別に自慢話ではなく、英語でお困りの方に伝えたいことがあるので、最後まで読み通してみてください。

 

大学受験、特に医学部受験は迷いと葛藤の荒らしです。

 

名古屋ですと、Mカルラボ、、F士学院、Rス予備校、K塾、S台予備校、S easyなど、色々といい塾はあります。しかし、なぜか伸びない方はたくさんいます。

伸びる方もたくさんいますが、伸びない方も必ずいます。

特に英語はなぜか伸び悩むんですね。K塾のテキストは質も講師も最高なのですが、それでも伸びない人は一定数います。

そして、これでいいのだろうか・・・と悩み、塾探しに明け暮れるわけです。

あそこのお母様はああやって言っている・・・でも、あっちのお嬢さんはあそこの塾で受かった・・・などなど、何を信じていいのかわかりません。

 

何が言いたいのかと言いますと、

 

受験生に圧倒的に足りないのは情報です。

 

どこそこのオリジナルテキストがどうとかいう話ではないのです。教材は何を使っても受かります。

 

いいですか、市販のものだろうが、予備校のものだろうが、どのテキストを使っても大学入試は受かります。

 

何をどれくらい勉強すべきかを把握していないことが致命傷なのです。

 

その理由を説明していきたいと思います。

 

さて、当塾は、営業も宣伝も一切していない塾です。

名古屋と札幌、海外を拠点にしているオンライン英語塾で、元々は名古屋で対面で授業をしていました。

宣伝は本当に何もしていません。チラシも広告もゼロです。

塾長の野村はTwitterやInstagramをしていますが、塾名は出しておらず、SNSですら塾生を募集したことは一度もありません。

宣伝ゼロですから、もちろん問い合わせ数は多くはありません。ほぼ口コミと紹介のみで成り立っている英語塾です。

しかし、それでも塾として成立するには理由があるはずです。

 

なぜなら、英語に苦労し、独学で習得した塾長が経営しているからです。

 

若い頃、勉強に興味の無かった塾長の野村は、中学は読書をひたすらしていました。経済的事情で高校を中退し、後に、めちゃくちゃ英語で苦労しました。

 

めちゃくちゃ英語で苦労しました。大切なので二度言いました。

 

私が高校生の当時はYouTubeもスタディサプリもないんです。N予備校もありません。

英語を学習するには、高いお金を払って塾や予備校に行かないといけない時代です。個別指導塾も当時はほとんどありませんでした。

そもそもインターネットのウェブサイトがほとんど無い時代です。

今でこそ、ググればほとんどの情報が手に入るのですが、本を買うか、塾や予備校に行くしかありませんでしたが、生まれ育ったのが田舎です。

ギリギリ札幌(少し歩くと北広島市)の端っこに生まれた私は、周りにはコンビニ1つ無い、陸の孤島のようなところで育ちました。自転車で10分ほど走ると、なんとヒグマが出る地域に行けます。自慢になりません・・・。特に夜の山は危険です。

書店も近所にありませんから、18歳になるまで、ほとんど書店に入ったことがありません。Google Mapがないので、書店に行こうという思考がないんですね(なので、学校と公立図書館の小説などをひたすら読んでいましたが、冬は車が無いと通うのは難しい距離でした)。

あと、中学受験というシステムも知りませんでした。

こういった環境が英語に苦労した原因の1つです。

 

つまり、受験に関する情報が全くありませんでした。

 

そんな生活から抜け出すべく、東京に新聞奨学生という制度を使って行きました。深夜2時半起きの生活を1年しました。

そこからまずは中学生を教える塾講師になり、23歳までお金を少しずつ貯めました。

当時付き合っていた彼女が、なんと名市立大学の医学部に(生物選択で)受かったことをキッカケに、名古屋に移り住みました。

学歴もなくお金も無かった私は、さすがに彼女が国立医学部で私が中卒・・・ではいけないと思い、愛知県立大の英文科(夜間主)を働きながら卒業しました。

 

卒業前から名古屋車道にある東海・南女・滝・愛知・愛知淑徳等の御用達の「守屋塾」という塾で働き始め、瞬く間に人気の社会人講師となり、最終的には、英語顧問にまでなりました。

守屋塾のHPには今はもう写真がありませんが、当時の顧問講師は、東大医学部、京大医学部、慶應医学部(現在の慶應医学部若手教授)という錚々たる面々の中、そのもう一人はまさかの私です。

その後、名古屋大学の大学院に入学し、留学に行くチャンスがあったので留学をしました。留学にはトータルで4年ほど行きました。フィリピン3年、アメリカ1年です。

フィリピンでは語学学校と私立大に半年ほど通い、あとは現地に住んで英語をひらすら勉強をしていました。

その後、アメリカでCalvin Collegeという私立大でスタッフとして勤務しました。日本語を教える代わりに滞在費無料という、フルブライトFLTAプログラムという制度です。

帰国後は「医学部予備校 富士学院」と「トフルゼミナール」で通年講座を受け持ち、その他の医学部予備校2つに在籍していました。

ちなみに、ラムスさんには単価が高過ぎるという理由で断られました。当時のメールが残っていますが、たぶん、当時は野心が大き過ぎたのでしょう、、、(笑) というのは冗談で・・・

 

話は戻りますが、なぜ高学歴ではない私が英語講師として生き残れたのか。

塾でも予備校でも、自分で作った塾でもしぶとく生き残ってきました。

 

なぜか。

 

それは、英語で苦労したからです。

 

英語でなぜつまずくのか、どういった勉強法をすると伸びないのかを熟知しているからです。

 

「中高とレールに頑張って乗っていたら、いつの間にかある程度できるようになった」という他の講師と違い、私は本当にゼロからのスタートでした。

中学レベルもほぼ知識ゼロでしたので試行錯誤の毎日でした。ちなみに、大学は数学、国語、社会で点数を稼いで合格しています。

英語のやり直しは本当に辛かったです。英語本以外の本も合わせると、本は数千冊買いました。

無学だった私は、英語学習とその他の勉強、予備校に通ったり、セミナーに行ったりなど、勉強に毎月10万円以上を使い、それを10年以上続けました。

勉強に1千万円以上を使った講師はなかなかいません(スタディサプリの関正生さんが、最近同じことを言っていましたが、ここにいます)。

正直、コスパはかなり悪かったと思いますが、大学からは本気で勉強してきました。しかし、そのお陰で、今は宣伝もしていないのに毎年生徒さんでいっぱいです。

 

ちなみに、この文を読んで誤解されないように先にお伝えしておきますが、私は「俺についてこい!」というタイプではありません。

 

授業では、何が原因で伸びないのか、どう改善すべきなのかを明確にいたします。英語版のコンサルだと思って頂ければ、わかりやすいかもしれません。

 

今でこそ、YouTubeや本、インターネットなどで情報は簡単に手に入りますが、意外にも英語で苦労している人はまだまだ多いのが現状です。そういった生徒さんを助けたいと思い、自分で塾を設立し、今に至ります。

 

ちなみに、熱田区の神宮前にあるNY英語専門塾という塾は私が設立しました。オンライン授業の可能性をいち早く悟り、NY塾を売却し、英語勉強法.jpという英語情報サイトを東大卒の親友と一緒に立ち上げました。

そして、今はオンライン英語塾である「名古屋英語専門塾(旧JP英語塾)」を新たに立ち上げ、こうしてこの文章を書いています。

 

以下は繰り返しになりますが、

 

受験生に圧倒的に足りないのは情報です。

 

何を・どのように・どれくらい勉強すれば合格できるのか、これらを把握していないことが致命傷なのです。

 

合格に必要なのは、特定の英語講師やオリジナルテキストでは決してありません。

 

英語でお困りの方は、ぜひ一度お問い合わせください。英語で困っている人を助けたいと思い、自分一人でコツコツと勉強し、この名古屋英語専門塾を作りました。特に、医学部受験に強い塾です。

 

以下のような方は英語で困る可能性が高いので気を付けましょう。

英語で困る方の特徴
  • 中学時代の積み残しがある
  • センター試験と共通テストの難易度の違いに気づいていない
  • 塾には通ったが、講師から勉強の方針などを聞いたことがない
  • 塾でリスニング対策についての説明がほとんどない
  • 英語専門の講師に相談したことがない
  • 難しい単語で煽られて不安になって入塾したが、思ったように伸びない
  • 〇〇医大直前テキストのようなものに飛びついてしまう
  • 毎日コツコツ勉強していない

共通テスト模試で伸び悩んでいませんか?

2020年になり、共通テスト模試で伸び悩んでいる人からの問い合わせが増えています。

センター試験であれば7.5-8割程度の方が、5~6割弱しか取れない・・・ということが起きているようです。

これは当然の話です。

センター試験よりも圧倒的に難しいのを知っていますか?

共通テストは、リーディングの分量はセンター試験よりもだいぶ多く、リスニングの後半は英検準1級レベルの難しさです。

リーディングもリスニングも両方とも難しくなり、センター試験よりも格段に難しくなっています。

センター試験の読解高得点層ですら、さらなる読解速度の向上、聴きとりは準1級レベル、つまり、本質的な英語力を高めない限り対応できる試験ではありません。

今までのように、読解に偏っていた従来の勉強法ではリスニングには全く対応ができず、より英語が得意な層が有利な試験に変わっています。

単語と文法と長文だけをやっていればよかった時代は終わりました。

本当の英語力を上げる学習法に切り替えて勉強しましょう。

塾には通ったが、講師から勉強の方針などを聞いたことがない

こういった話は意外と聞きます。

合格までのルートを把握せずに勉強している方が意外と多いことに驚きます。

英語学習では、やるべきことはある程度決まっていますが、がむしゃらに頑張っても試験で点数を取れるかどうかはわかりません。

塾というのは、ゴールまでの道のりを明確化することが一つの業務です。

試験までに何をやるべきかをある程度明確してもらい、勉強するようにしましょう。

塾でリスニング対策についての説明がほとんどない

国立大学を受ける人にとっては致命傷です。

共通テストの英語リスニングは難化し、直前の対策だけでは高得点を取れません。

もしリスニングを日々の学習に取り込むよう指示が無いとしたら、共通テストで失敗する可能性が高くなってしまいます。

日々の学習のリスニングの比重をしっかりと上げて学習しましょう。

英語専門の講師に相談したことがない

もし仮に東大を出ている先生でも、もし英語専門でなければ、やはり英語のプロとは違います。

科目が増えると1科目ごとにあてられる学習量が減るため、英語専門の講師といろんな科目を全て教えている方では学習量、経験値がどうしても変わってきてしまうのです。

受験の総合的なアドバイスは東大や旧帝医などの高学歴の方に聞くほうが良いですが、科目ごとのアドバイスは、やはりその道のプロに聞くべきです。

例えば、東大に合格するような方でも、英検準1級程度、TOEICでも700点後半です。もちろん彼らが英語だけを勉強すれば、すぐに高得点は可能ですが、入学時点ではあまり学力は高くありません。

つまり、英語だけに限れば、やはり専門家のほうが英語力が高く、近道や効果的な学習法を知っているのです。

難しい単語で煽られて不安になって入塾したが、思ったように伸びない

東京では夏前やテスト前ですが、名古屋近辺では夏過ぎやテスト後に塾探しを始める方が多いです。名古屋は少し塾探しが遅いのが特徴です。

塾探しをする方、特に医学部受験生に知っておいてほしいのは、

 

「”Anglophobia”を知っていますか?知らないと〇〇受験生としてはめちゃくちゃまずい!」

 

のような類の煽り方をする人とは距離を置きましょうというお話です。

なぜかというと、(富山大学の医学部を除き、)医学部受験では専門用語は覚える必要が無いからです。さきほどの”Anglophobia”のような単語は、東大に行くような人でも知っている人は超少数でしょう。

もちろん、たままた出会ったならば知っておいて損はありませんが(知識は大いに越したことはないですが)、こういう難語彙は知らなくても長文中に必ず解説があります。

例えば、東邦大学の医学部は長文中に難しい専門用語を出すことが多いのですが、必ず説明があります。なので、難しい単語を覚える必要はありません。

英検でいうと準1級くらいまでの単語を完璧に覚えていれば、十分に勝負ができます。逆に、ターゲット1900レベルの英単語を知らないのであれば語彙力が足りません。

ちなみに、一般的に国公立大入試よりも私立入試のほうが語彙力が必要です。愛知県で言うと、愛知医科は特に単語が難しいです。藤田医科は年度によって単語の難しさの差が激しいのですが、最近は傾向が変わって国立寄りの出題をするようになりました。問題の難易度は別として、東大よりも早慶のほうが語彙力が高くないと合格できません。

しかし、そもそも難語彙を覚える必要が無いのに「覚えていないとヤバい」と間違ったことをブログやウェブサイト等に書いてしまうと、信じてしまう学生さんはいるかもしれません。

学習法を大きく間違えなければ、英語は言語なので、ある程度は誰でも伸びる科目です。いい先生と出会って、真っ当なことを実直にやれば伸びます。

私も予備校で講師をしていましたが、どうしても講師のアタリ・ハズレというのは存在します。性格の合う、合わないもあります。

なので、塾・予備校ではなく、まずは「いい先生」を探しましょう。

〇〇医大直前テキスト

何か特別なことをやらないと思っている人は危ないです。

大学受験に受かる方は、いたって普通のことしかやっていません。

2020年は、名古屋の中高一貫校(女子校)から順天堂大学の医学部医学科に受かった方がいましたが、ほぼほぼ一般の書店で手に入る本を使っています(その学校からの順天医合格者は初だそうです)。

愛知県の中高一貫男子校の方も藤田医科の医学部医学科に受かった方がいますが、高3時のセンター模試は100点を切るレベルからのスタートでしたが、市販の参考書と過去問のみです。

特に藤田医科は、最近は出題形式や内容がコロコロ変わるため、狙った対策をしようがありません。どうやって予想問題集などを作ることができるのでしょうか。まず不可能です。

そもそも、真っ当に勉強し、英語力さえ上げれば、大半の大学は合格点を取ることが可能なのです。

今までの卒業生では、名大医、名市医、岐阜医、三重医、新潟医、藤田医科、愛知医科などに合格してきましたが、ほぼ全員、市販のテキストで受かっていきます。

最近の市販のテキストは、圧倒的に解説や語注が詳しく、とても便利です。

大切なのは「オリジナルテキスト」などではなく、正しい学習法と頭に入れる知識です。

医学部や難関大に行きたい方は、ぜひご連絡ください。

中学時代の積み残しがある

特に英文法は中学レベルがほとんどの基礎になっています。

高校で習う英文法は、中学で習った知識を土台にしているため、中学で勉強をしてこなかった方は中学レベルに戻らないといけません。

しかし、大半の大学受験生が手に取るのは英文法の4択問題集です。

4択問題集では読解に必要な部分はほとんど問われないため(東進の西きょうじ先生もYouTubeで同じことを仰っています)、英語力を上げるための基礎を深く理解することができません。

中学レベルを定着されるためには、例文を理解し、頭に入れ、それを口頭でもいいので英作文をする必要があります。

このような基礎学習をせずに、大学受験英語を突破する術はほとんどありません。

まずは中学レベルの土台を固めることから始めましょう。

毎日コツコツ勉強していない

上記の話に繋がりますが、英語は中学時代にサボると高校で伸びることはほとんどありません。

中学時代の基礎が大切なのは先ほど言った通りですが、高校では単語や熟語などのレベルが上がるため、高校で使うテキストで中学レベルの内容を理解しようとすると、非常に非効率になってしまします。

授業はついていけず、赤点を取らないように意味のない定期テストのための暗記的な勉強に追われることになります。

授業の50分はほぼ意味のないものになり、ただ単に座っているだけという、超非効率な時間の過ごし方をしてしまうのです。

これを防ぐには、1日1時間だけでもいいので、中1から毎日コツコツと勉強をする習慣を身に着けることです。

ペースメーカーとしての塾の価値はこの点にもあると考えます。

さらに2021年から英語の教科書が難しくなる!

公立中学校の英語の内容が一気に難しくなります。

今までは、英語は「中2の夏ごろから落ちこぼれる」というのが一般的でした。不定詞や比較あたりからわからなくなることが増えるのです。

しかし、2021年からは、小学校での英語必修化に伴い、全体的に学習内容がスライドしてくるため、中1から突然難しい文法事項が教科書に出てきます。

解決策は?

とにかく、できるだけ早めに英語学習を始めましょう。

英語学習は、習慣化と学習法がとても大切です。

そして、2020年以降の試験では、読解に偏らず、リスニングやスピーキングなどの本質的な英語力を上げることが大切です。

難関大の試験も最近は洋書やインターネットで見かける文書を丸々出すようになってきており、従来の受験勉強では対応ができなくなってきています。

苦手な人は、まずは中学英文法を固めることです。

単語の暗記もコツコツと続けないといけません。

また、中学生のころから積極的にリスニング学習をしなければいけません。

お金はかかってしまいますが、ペースメーカーとして定期的に塾で学習し、宿題を出してもらうことは効率的かつ効果的と言えます。

もし英語をどうしようか迷っている方は、今すぐにご相談ください。正直、迷っている間にもどんどんと遅れをとってしまうのが実情です。

ぜひこの機会にご連絡ください。

 

 

『名古屋英語専門塾』は以下のような方におすすめです

  1. 英語が好き・留学に行きたいなど、英語は嫌いじゃないけれど、どう勉強したらいいのか困っている方
  2. 苦手な英語を克服したい方
  3. どうしても医学部に行きたい学生/行かせたい保護者の方
  4. 難関高校・難関大学・社会人・留学志望・小中学生の方で、
    ・今から英語の勉強を始める方
    ・伸び悩んでいるが入試までに挽回したい方
  5. 学校の定期テスト対策をしたい方
  6. 英検・TOEIC・TOEFLなどの資格試験対策をしたい方
  7. スピーキングやリスニングの指導を含む『4技能』対策をしたい方
  8. 心機一転、これから本格的に英語を勉強したい方
  9. 細かい部分の読解ができずに悩んでいる方
  10. 偏差値70や80を狙う英語を超得意科目にしたい方
  11. 英語の資格試験で高得点を取りたい方
  12. 英語圏に留学したい方
  13. フィリピンやタイ留学をしたい方
  14. 海外在住で、日本の大学入試を受けたい方

留学経験豊富な塾長が直接指導いたします。

名古屋英語専門塾で何ができるのか

名古屋英語専門塾は個別授業(完全オンライン)の塾です。

塾の形式として3つ挙げられます。

 

  1. 個別授業
  2. 集団授業
  3. 動画授業

 

これら3つには、それぞれ強みがあります。

 

授業内容 利用者の偏差値 自習や単語暗記
個別授業 柔軟に対応 幅広く対応 講師が管理
集団授業 変更不可 高めが望ましい 自己管理
動画授業 変更不可 高めが望ましい 自己管理

 

個別指導は、この3つの中でサービスが一番手厚いですが、コストも一番高いのは言うまでもありません。しかし、それなりのリターンもあります。

塾というのは投資と同じです。

せっかく投資されるのですから、集団塾とは違い、やはり個別塾の強みを十分に生かすべきです。では、個別指導の強みは何でしょうか。また、塾に高いお金を出すのですから、保護者様やお子様が得られるリターンも考えるべきです。

 

個別指導の大きなメリット

個別指導は一確かに高いですが、英語の個別は実は圧倒的なメリットがあります。

① 自習ができるようになる

② 時短ができる(合格可能性が高くなる)

③ 単語の暗記管理をしてもらえる

④ 英語が強いと生涯年収が上がる

この4点が他にはない強みです。

個別指導では「何をどのように勉強すべきか」ということを毎回うるさく言われますので、自学自習ができるようになります。

浪人を積み重ねないためには、②の時短が重要になります。一人で試行錯誤するよりもアドバイスをもらったほうが早く伸びるのは当然です。よって、合格可能性は高まります。

③は暗記をサボってしまう人には強制力になります。

④ですが、個別指導はお金が高いと思うかもしれません。しかし、それは考え方次第です。リターンを考えれば安いはずです。だから個別に投資する人は少なからず必ず存在するわけです。

仮に、英語に200万円以上を使ったとして、英語学習が武器になったとしましょう。

仮に、将来の職業が医師ではなかったとしても、英語が強いだけで年収は200万円以上は変わるはずです。200万円を英語に使ったとしても、1年や場合によっては1年未満で取り返せるため、投資は回収できるということになります。

個別での英語学習は価格が高いのですが、投資価値もその分高いわけで、しっかり頑張れば十分なリターンが得られるわけです。

自習ができるようになる

個別指導の最大の強みは、「自習ができるようになること」です。純粋な英語力というリターンとしては価値が一番大きいでしょう。これだけ英語難民が多い日本で、英語学習を一人でできるようになることは物凄い強みです。将来的に非常に役に立つことだと考えます。学校で英語をサボってきた方、英語が苦手な方、どんな方でも伸びるまで、自習ができるようになるまで丁寧に指導いたします。

時間短縮

受験生は時間が足りません。合格するには時間短縮が必要です。

受験までに時間が無い学生にはやはり個別指導は強いです。付きっ切りでの指導ですから、無理やりでもその場では集中して勉強しないといけません。

以前、週5回も一緒に授業をした方がいて、コストはかなりかかりました。授業が無い時間帯は自習をサボってしまうこともありましたが、それでも授業でとことん頑張った結果、医学部に入学していきました。

どうしても自分で勉強が続かない場合、付きっ切りで一緒に勉強にするのも一考です。これは個別指導でしかできない強みだと思います。集団授業ではできません。

リターンは、冒頭で述べた通り、時間短縮です。また、うまく行けば合格できるというのが最大のリターンと言えます。受験生や浪人生でお困りの方はぜひ一緒に勉強しましょう。

単語の暗記管理

名古屋英語専門塾では授業中に出てきた知らなかった単語をExcelで管理し、Quizletという単語カードアプリを使って復習してもらっています。これは完全にオーダーメイドです。

単語暗記というのは、受験英語では一番差がつくところで、暗記ができない方は志望校にほとんど通ることはありません。英文解釈等の難しい勉強は予備校で十分できますが、単語の暗記だけは自分でやらないといけません。

個別指導では、単語を覚えない方はその場で覚えてもらうこともあります。お金の無駄だとは感じますが、単語の暗記こそが勝敗を分けます。その語彙暗記を徹底できるのは個別指導の強み中の強みだと言えるでしょう。リターンは、偏差値や成績のアップです。単語暗記なしに成績を上げることは通常はできません。

 

当塾で、徹底的に英語を鍛え、英語を武器にしませんか?

塾長からメッセージ

私はお金がなく、インターネットも無い時代に、独学で勉強しなければいけませんでした。

学習相談できる人が周りにおらず、当時は英語がとても苦手で、苦労して苦労して、やっと克服した経験があります。

そのため、英語が苦手な方の気持ちがよくわかり、何をどのようにやるべきかを判断するのがとても得意です。

さらに、大学受験では、どのようにすれば「ゼロから英語を”超”得意科目にできるのか」、独学で学んできたからこそ、一つ一つ丁寧にお伝えできると思います。

現在はコロナで帰国しましたが、フィリピンのセブ、タイのバンコクとチェンマイ、マレーシアはクアラルンプール、台湾の台北などを行ったり来たりしている生活です。

英語を使って生活し、英語を毎日使うような生活を心がけています。とはいえ、純粋な英語圏ではないので英語力の維持はなかなか大変です。

早いもので、18歳の頃からアルバイトとして塾で教え始め、講師歴は20年目となっております。

私本人が医学部を目指していたことがあるため、英語以外の科目を教えていたこともあります。ですので、英語以外の科目も含めて総合的なアドバイスも可能です。

英語関連では、英語勉強法の記事を書いたり、DMMなんてuknow?でアンカーを務めたり、色々と幅広くお仕事をさせて頂くようになりました。

みなさんの英語力を向上させることができるよう、今後とも精進していく所存です。

ぜひ、一緒に英語を得意にして、世界で活躍できる人材になりましょう!!

英語でお困りの方

名古屋英語専門塾で一緒に勉強してみたい方は、ぜひお問い合わせください。