気になっている人はぜひ買いましょう。

とてもわかりやすい本です。

YouTube

チャンネル登録お願いいたします!

Amazonリンク

関正生

税込み 2,420円

kindleだと少し安くなっています。

910ページという超大作です。

レベル・対象

・英文法を理解したい人、理解を深めたい人が使う本

・特に、スタディサプリやポラリス英文法で勉強している人には買いの1冊

・一般的な中学生は不要と明記されている(英検2級くらいに受かった人なら小学生でもOK)

・英検準2級合格済みでも英文法やリーディングが苦手な人には厳しいかも

・解説はかなりわかりやすいですが、例文はけっこうスパルタな本です

・この本のレベル感は、英検やTOEICではどのレベルに当たるのか、表になっていてわかりやすい

・関先生の他の本が好きな人や社会人にもかなりおすすめ

・暗記知識のまとめなど、網羅性を求めている人には向いていないと思います。しかし理解ができることで暗記の負担がかなり減ると思うので、暗記の負担を減らしたいと思っている人にはぴったりの本です

特徴

章立て

大枠は、Part 0 + Part 1~5の6つのPart。

Part 1~5の中で、計23章に分けられて解説されている。

Part 0

この本の世界観、どういう本なのかの解説があるので、対象などが明確でわかりやすい。

また、読者のレベルや目標に合わせて、どこを読めばいいか明示してくれている。

基礎モデル、標準モデル、匠モデルと分けられていて、1周目はここだけ、2周目は追加でここを、3周目はここまで、のように詳しく教えてくれているので、迷うことが少ないと思います。

■Part 1

1 時制(1) / 2 時制(2) / 3 接続詞 / 4 仮定法 / 5 助動詞

■Part 2

6 冠詞 / 7 名詞 / 8 代名詞 / 9 形容詞 / 10 副詞 / 11文型

■Part 3

12 不定詞 / 13 動名詞 / 14 分詞 / 15 分詞構文

■Part 4

16 命令文/There is 構文 / 17 否定 / 18 疑問詞 / 19 前置詞

■Part 5

20 受動態 / 21 比較 / 22 関係詞 23 強調構文・倒置

例文

・ネイティブの書き下ろし

・使われる場面によってアイコンが違うので、一目で分かりやすい

大学受験生や英検、またTOEFL/IELTSなど留学組などは、入試用のアイコンが付いているので意識して取り組めると思います

・ちょっとした長文や少し長めの英文があり、英文解釈の訓練にもなる

本書の解説

・分厚いがかなり読みやすい

・赤文字をあえて使っていないので、自分が大切だなと思ったところに色をつけて、自分だけの参考書にできる

・解説のレベルが、無印、応用、発展というレベル分けがされていて、目的に合わせて飛ばすことができる

・細かい暗記知識の網羅性はそこまでないが、それはポラリス英文法などで補えばよく、『真・英文法大全』は理解に重きを置いているという意識で使うといいと思う

・スタディサプリはどうしても問題演習ベースでの解説で、ここまで深くは解説していないと思うので併用すると効果大だと思います

音声

・「通常タイプ」と「リアルタイプ」という2種類の音声が用意されている

通常のネイティブの会話に近い音声が収録されていて、結構ビシバシ系の本だと思う

・アメリカ英語のみで、文法理解を優先した本です

・音声の使い方のモデルが3つ書かれているので、自分の目的に合わせて使える

・アプリ対応、ダウンロード対応、どちらにも対応しています

・abceedという英語学習系のアプリと連携しているので、非常に使いやすいと思います

個人的には最近はアプリがないと使いにくいので、めちゃくちゃ嬉しいです

・アプリは、abceed、旺文社の英語の友、英検の過去の出題単語をほぼ全て収録している「でた単」あたりがおすすめです

・スマホを避けたい人はICレコーダーがおすすめです

使い方

・本の中にかなり詳細に書かれているので、その通りにすればいいと思います

・気になる部分だけを読むのではなく、その章の最初から通読した方が世界観がわかっていいと思います。本書にもそう書かれていたと思います

・分野別に何周かして、ある程度納得できたら次の分野を読むといいと思います

・目標としては、通読してどこに何が書いてあるかを把握しましょう

・後は他の参考書を学習中に気になったところを辞書的に読むのがおすすめです

・通読した後も時折また分野別に通読し直してみるというのもいいと思います。最初に気づかなかったことが目に留まることがあります。

・かなりわかりやすいけどもどうしても腑に落ちない場合は、他の本、例えば総合英語を読むといいと思います。ジーニアス総合英語あたりがおすすめです

・勝手な枠組みですが、①従来の総合英語、②SKYWARD総合英語、③大西英文法、④関英文法という感じで大きく分けられるかなと思います

・既に正誤表が出ているので、先に確認して直しておくといいです

関先生のその他の本

雑談

本というのは、売れないと絶版になって、誰にも見てもらえなくなる。

最近は出版不況で本が売れない時代なのですが、その売って読んでもらうという役割をしっかり果たしている著者は凄いと思います。

特にこの900ページという辞書のような本を売るというのは、著者も出版社も相当な覚悟と気合・根性がないと無理だと思うので、マーケティングの面でも、中身の面でも素晴らしい1冊だと思います。

ということで、最後にこの動画いいねと思ったら、いいねとチャンネル登録よろしくお願いいたします。

皆さんの成績が上がりますようお祈りしております。

では、バーイ!

苦手を武器に

苦手を克服したいなら

名古屋英語専門塾

Twitterでフォローしよう