親ガチャが存在しないって話は、たいていインフルエンサーのポジショントークです。

塾なんかやってたら毎日親ガチャだなぁと感じます。

もしそう感じないなら、知らないだけです。無知の知です。

田舎過ぎて中学校に自転車で往復2時間とか。大雨の時は片道1時間半。

一方で、運転手付きの高級車で学校から塾から自宅へ送迎されるお子様たちもいる世界もあります。

お金で時間を買えるのは事実。

保護者がお金や時間というリソースが足りない家庭のお子さんはインターネットを最大限活用しましょう。

ネットだけは光にしてもらってガンガン無料で勉強しましょう。

親ガチャも存在する一方で、学歴では挽回できる方法も今は確かにあります。

インターネットにお金を払えないとなると学校や地区の図書館に通うしかない。

友達に本やネットを借りる。

でも、やっぱりネット代だけは頑張って保護者の方には払って欲しいですね。

もちろん、勉強せずにYouTubeやInstagram中毒になるリスクも共存するので、その点だけは注意です。

苦手を武器に

苦手を克服したいなら

名古屋英語専門塾

Twitterでフォローしよう