スマホなどの中毒性は覚せい剤と比較されることがありますが、実際に、勉強にとってはほぼ悪影響しかないと言えます。

生活する上で非常に便利なツールが多いのですが、SNSや動画サービスなどは無限に時間を無駄にしてしまいます。

では、ご家庭ではどうすべきなのか。

「部屋にガジェットを持ち込まない」というルールを原則としてください。

オンライン授業などで使用する場合は仕方がありませんが、スマホなどを部屋に持ち込むだけで作業効率が下がり、さらに、枕元に充電などをして置いておくだけで睡眠の質が下がるということが分かっています。

現在は、塾長の私自身が生徒と一緒に受験勉強をしているのですが、勉強をするときには部屋にガジェットを置かないようにしています。

手元にあると一気に勉強量が減ります。

大人でもずっとスマホを触っている方が多くないでしょうか。

大人でも我慢できないのですから、子どもは中毒になる確率が高いと考えます。

保護者の方はぜひこの原則を家庭内で徹底してみて下さい。

苦手を武器に

苦手を克服したいなら

名古屋英語専門塾

Twitterでフォローしよう