鉄緑会のテキスト解説には、単語の注釈に「鉄壁の◯○番」と書かれていて、鉄壁と長文が連携しています。

鉄壁は本来鉄緑会に通う人が使っていた単語プリントで、おそらくそれが市販された感じではないでしょうか。

長文と連携しているため鉄緑会の塾生は非常に学習がしやすく、単語の定着率が上がるのではないでしょうか。

大手予備校でも単語帳と長文の連携はほとんど無いのでは。

もちろん講師側で工夫しているのではないかと思いますが、個ではチームにて勝てないかも知れません。

苦手を武器に

苦手を克服したいなら

名古屋英語専門塾

Twitterでフォローしよう