『スマホ脳』2021年に買って一番良かった本

YouTube【英語参考書ラジオ】

スマホ脳 (新潮新書)

『スマホ脳』

2020/11/18

著者:アンデシュ・ハンセンさん

翻訳:久山葉子(くやまようこ)さん

動画台本メモ

・2021年で絶対に読んで欲しい1冊(大人も小中高生、受験生も)

・人類のIQが下がっている

・人口1000万人のスウェーデンで20人の1人以上が買った本『一流の頭脳』の作者

・人類のIQが下がっている

・スマホが悪いとわかっていても、なぜ中毒になるのかを理解しないと、本気でやめようと決心するまでに至らない

・積極的で攻撃的な人のほうがスマホ依存が強い(より狩猟の遺伝子が多い)・おっとり系の人はスマホ依存が少ない

・注意残余(スマホやガジェットを手元に置くと、勉強がはかどらない)

・はかどっていると感じるのは、新しい情報を得るとドーパミンが出るから脳が喜ぶ

・それを脳は勉強がはかどっていると勘違いしてしまう

・SNSを作っている企業は「いいね」が表示されるタイミングまでコントロールしている

・心理的影響、鬱に関しても書いてある

個人的実感

・頭が悪くなった

・集中力の低下

・スマホの画面を見ている時間を読書や勉強に費やしていたら、人生が変わっていたと思う

受験生はストレスに強くなる必要がある

なぜなら、大半の勉強は退屈であり、ストレスが大きいから

記憶力はストレスに弱い

運動しないとストレスに弱くなる(受験生には多い)

運動はマスト

1日45分くらいのウォーキングを週3回するだけでいい

解決策

・部屋にはスマホやタブレットを絶対に持ち込まない

・睡眠時にスマホが近くにあるだけで、

・スマホを触れるのは、お手洗い、お風呂、ジム内、ウォーキング時にバックグラウンド再生、SNS投稿もこれに合わせる

・紙の本をメインに使う(ペアレンタルコントロール、スクリーンタイムを使う)

・kindle

著者の他の本

『一流の頭脳』

2018/2/13

新刊『最強脳』が出る

『最強脳』

2021/11/17

いいねとチャンネル登録

最後によければ、いいねとチャンネル登録をお願い致します。

YouTube/ブログ『英語勉強法.jp』

当塾推奨のオンライン英会話

ライティングやスピーキング力UPには、「ネイティブキャンプ」のカランメソッドが断然おすすめです。英検にも効果大です。