他の教科では東進の一問一答シリーズはかなり有名だったと思うのですが、長らく英語の一問一答はありませんでした。

今回、とうとう今回英語の 一問一答が発売されました。

Amazonリンク

内容

①4択

②正誤

③整序

①の4択がメインです。

ネクステ系のほぼ解説がない、最終チェック(レベルは標準)用という感じでした。

初心者には全くオススメしませんが、得意な人が総チェックしたいなら小さめの持ち運びしやすい本なのでいい感じかもです。

レイアウト

左ページは問題と選択肢など。

右ページは、

①答え

②和訳

③ポイント

④右端の余白に、必修英単語(英文中に出てきたもの)

という感じです。

巻末付録に、分野別の必修事項のまとめがあります。

メリット

典型的な問題を集めており、また、問題の英文も短めで短期間で完成させることができます。

特に、前置詞や後半の熟語部分は使いやすいので、東進の本が好きな人は使うといいかもしれません。

無駄に英文が難しくないのがいい感じです。

デメリット

解説はほとんどないです。

4択問題集の中でも最も解説が無い本と言えます。

この本で理解するのはまず無理なので、基礎力がある人しか使えません。

理解は他の本や動画、授業などを活用して、純粋な抜けの確認や演習書として使うのがいいと思います。

問題解決のための本ではなく、仕上げの1冊という感じです。

その他の一問一答でおすすめの本

オンライン英会話はNativeCamp.

ライティングやスピーキング力UPには、「ネイティブキャンプ」のカランメソッドが断然おすすめです。英検にも効果大です。



Twitterでフォローしよう

勉強法よりも仕組化と習慣化