※11/17に一部訂正をしました

 

2021.10月の本試に出た単語が、旺文社の『準1 でる順パス単 5訂版 』で、どれくらいカバーされているかを調べました。

5訂版は、2021年6月28日に新しく改定された最新版のパス単です。

 

 

準1級パス単が大問1でカバーしている単語

左の数字は英検の大問1の番号、右側はパス単の単語番号です。

  1. outweigh 1124
  2. spacious 582
  3. circulation 730
  4. fanatical 掲載なし
  5. sturdily 866 (sturdy*で掲載)
  6. nurture 掲載なし(*1級パス単1712)
  7. emission 147
  8. remote 380
  9. faint 1490
  10. clarity 掲載なし(*1級パス単766)
  11. dip 掲載なし
  12. habitual 掲載なし(*habitが2級パス単に)
  13. vain 1744 (*in vainで掲載)
  14. rational 1092(*irrationalで掲載)
  15. faculty 1353
  16. sustain 1126
  17. rotating 1006
  18. impulse 1565
  19. trespassing 1431
  20. outsmart 掲載なし 
  21. weary 869
  22. plunge into 掲載なし
  23. die down 1671
  24. call off 1639
  25. live on 掲載なし (*2級に掲載あり)

13番は、in vainを知っていても解けるかどうか微妙な問題かなと思います。

カバー率は?

結果は、なんと、

  • 17/25単語が掲載あり
  • 8/25単語が掲載なし

でした。

 

カバー率は68%ということになります。

 

え、低くない?と思う方もいるかもしれません。

しかし、掲載なしの語彙は、ほとんどが基本的な単語で、難語彙ではありません。

今回は『準1級のパス単』のみで確認しました。

 

『2級のパス単』も合わせるとカバー率がきっと上がると思いますので、明日以降にまた調べて掲載いたします。

推測ですが、2級のパス単を使い、その後に準1パス単という感じで、連続してパス単シリーズを使うことでカバー率が上がるのではないか?と考えていますが、今日は手元に2級のパス単がないので、答え合わせは明日以降となります。

乞うご期待ください。

追記:パス単2級も合わせたカバー率は?

2級のパス単も調べてみました。上記の単語リストにも追記しておきました。

 

 

私の予想とは真逆で(笑)、2級の掲載単語は、なんと・・・2つだけでした。

いかに人間の物事に対する記憶や印象が曖昧なのかわかりますね。

 

さて、2級と準1級のパス単を完璧にすると、

 

  • 19/25単語が掲載あり
  • 6/25単語が掲載なし

 

76%のカバー率ということになります。

 

パス単は掲載単語が簡単になって、「大学受験には使えない・・・」という批判が多かったのですが、英検の大問1でのカバー率もけっこう下がっていますね。

推測するに、長文により合わせて作った単語集なのかもしれません。これもまたリサーチが必要です。

再予想

となると、これまた予想ですが(また外すのか笑)、大問1は英検1級の出る度Aの英単語をあたりから多く出題されていることになりそうです。

まだ、予想の段階ですが、パス単1級も買ってやらないといけないとなると、割と出費が多いですね・・・。

明日(11/18)、英検1級のパス単も合わせて検証してみたいと思います。

追記②

1級のパス単も見てみました!

 

2級と準1級と1級のパス単(3冊)を完璧にすると、

  • 21/25単語が掲載あり
  • 4/25単語が掲載なし

84%のカバー率ということになります。

当塾推奨のオンライン英会話

ライティングやスピーキング力UPには、「ネイティブキャンプ」のカランメソッドが断然おすすめです。英検にも効果大です。