『レベル別英文法問題Solution 1/2/3』レビュー&特徴(肘井学)

肘井先生の新刊が3冊セットで出ました。

※この記事はYouTubeの台本です

YouTube

Amazon・価格・ページ数

各1650円(税込)

①345ページ

②373ページ

③319ページ

レベル・対象

①日東駒専・地方国公立

②GMARCH・関関同立・やや難関国公立

③早慶上理・旧帝大など

入試に4択問題や整序問題、正誤問題が出る人が対象です。

違い

鉄板・選択・整序・正誤の4つがある

・鉄板問題は2択

・選択問題は4択

各レベルの違い

・①は正誤がなくて、発展は整序問題

・②と③の発展は整序問題と正誤問題

・②と③の違いは、③は全体的にやや難の問題が多い

鉄板210+選択358+整序84(発展)

合計:667 (鉄板210+457)

鉄板219+選択387+整序79+正誤94

合計:713 (鉄板219+494)

鉄板156+選択284+整序73+正誤94

合計:538題 (鉄板156+382)

特徴・レイアウト

・文法、語法、語彙、熟語問題の4分野をカバーしている

 

インプットが、

・鉄板問題と文法解説

→暗記事項のPoint紹介

 

アウトプットが、

→演習問題

→章の最後に発展問題(一部発展が無い章もある)

 

・通常の文法問題集は網羅型でオーバーワークになりがちだが、この本はレベル別になっているので、志望校によって使い分けができる。

・網羅系の本は解説は詳しくないが、この本は鉄板問題とセットの文法解説がまあまあ詳しい上に、レベル別で使い勝手がいい。

・ただし、演習問題部分の解説はさほど詳しくない

 

・章末ごとに口頭チェックテストが付いていて、知識系の抜けがないか確認できる

例えば、

■進行形の受動態は?

■rareとrarelyの違いは?

のような感じの質問が15~18個くらい並んでいて、指導者にも使いやすくなっています。

 

・肘井先生のファンなら買いではないかと思う。

ルート

肘井先生の網羅系の本、「すぐわかる英文法」を用意しておくと便利。辞書的に使おう。

それか、個人的にはVision Quest 総合英語 Ultimateがおすすめです。

他の本と比べると?

関先生のポラリスとどちらを使うかというと、うーん、私ならソリューションを使うかなぁと。

ソリューションシリーズの方が解説が詳しいのと、語彙、語法、熟語もざっと学べるのお得かなと思います。

ただし、ファイナル演習ポラリスは別で、ランダム演習用にソリューションの後に使うと思います。

最後に

いいねとチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

オンライン英語塾

名古屋英語専門塾で苦手を克服!

Twitterでフォローしよう